デューデリジェンス

企業買収・組織再編におけるスキーム設計・企業価値算定など、デューデリジェンスを支援するサービス

企業買収・組織再編・再生計画などにおいて、リスクを排除するためには、様々な専門家によるディーデリジェンスは不可欠です。私たちは、M&A・組織再編・再編計画などに数多くの実勢を持ちます。それらの事例・知見をもとに、目的にあったディーデリジェンスを提案し、 企業買収・組織再編・再生計画 を成功させるお手伝いをします。

「デューデリジェンス」についてのお悩み・ご相談事例

  • M&Aにあたって、対象会社の企業価値を算定してほしい。
  • 財務面・労務面にかかわらず、簿外資産・簿外債務を調査し、買収対象会社の抱えるリスクを顕在化させてほしい。
  • 買収スキームにおける税務の取り扱いについて、セカンドオピニオンを希望する。

サービス概要

  • 企業買収などにおいては、リスクを排除するため、専門家によるデューデリジェンスは不可欠です。
  • しかし、デューデリジェンスはさまざまな範囲にわたるので、論点を洗い出して専門家が集中的に調査・分析する必要があります。
  • 私たちはこれまで、M&Aや組織再編・再生計画など、数多くのケースにおいて、財務・人事労務のデューデリジェンスを実施してきました。
  • 重点ポイントを整理し適切なデューデリジェンスを重点的に実施するとともに、効果的なスキームについても設計・ご提案して参ります。

スケジュール・事例

論点の洗い出し・データ分析 ・買収目的、買収後の事業計画などをヒアリング。
・デューデリジェンスにおける主な論点の洗い出し、調査範囲を決定。
・対象企業の財務・税務・法務データを分析。リスクや重点項目を定量化。
調査実施 ・現地調査、対象会社の経営幹部へのヒアリング、重点項目の確認。
・所有資産・負債の適正価格を監査。
・必要に応じてバリュエーション(企業価値算定)。
中間報告 ・中間報告の実施。
・再度重点的に確認が必要な箇所の洗い出し。
最終報告・最終報告の実施。
・場合によっては、スキームの提案。

一般的な人員体制例

 お客様のメンバー  企業経営者・病院経営者     
 弊社のメンバー  税理士・公認会計士・社労士

調査事例

買収にあたり、未払残業など簿外債務の存在も含めて調査。適切な勤怠管理を確認できたとともに、効果的な買収スキームを提案・実行支援できた。

抱えていた課題・買収にあたり、名義株主がいると聞かされている。
・対象会社も認識していなかったような未払残業代など簿外債務がないか調査してほしい。
・社内報告のため、第三者の専門家による報告書が必要。
・税務的な取り扱いについて、セカンドオピニオンを希望する。
弊社が行ったサービス・対象会社の社長、顧問税理士も立会いのもと現地調査・ヒアリング。
・社会保険労務士による労務監査の実施。
・関係書類と調査結果をもとに分析、報告書の作成。
コンサルティング結果 ・名義株は対象会社の社長が買い取り、100%株式の買収が可能となった。
・従業員の勤怠はきちんと管理され、未払残業代のリスクはないと確認できた。
・より効果的な買収スキームを提案、実行支援。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

こちらの記事に関するご相談・お問い合わせ

受付時間9:30〜17:30(土・日・祝日除く)

お問い合わせフォーム

関連する事例

設立当初、安易に出資してもらったために、清算が困難に?

  • 事業経営

関連する事例一覧を見る

関連するお役立ち情報

税理士の経営・財産・相続トピックスVol.082「2020年 路線価が上昇した、本当か?」

  • 事業経営

関連するお役立ち情報一覧を見る

関連するサービス