M&A

候補先の探索や条件交渉・最適なスキームの設計など、M&Aによる事業承継・事業拡大を支援するサービス

M&Aはいまや重要な事業戦略の選択肢の一つですが、どのようなスキームを選択するかによって、全く違った結果になるものです。私たちはこれまで、数多くのM&Aスキームを設計・実行支援してきた知見をもとに、売主及び買主にとって納得・妥協できるM&Aをご提案します。

「M&A」についてのお悩み・ご相談事例

  • 親族にも社内にも後継者がおらず、M&Aにより第三者承継すべきかどうか悩んでいる。
  • M&Aが重要な選択肢であることは間違いないが、相手が見つかるのかどうか、いつから動くべきか目利きをしてほしい。
  • M&Aによる事業の多角化を進めたいが、相乗効果のある有益な案件がどれくらいあるか相談したい。
  • 事業の今後を任せることができる信頼できる買い手をどう判断すればいいのか、プロの判断軸をまず聞きたい。

サービス概要

  • 親族への承継・社内後継者への承継に加えて、M&Aによる事業承継は、いまや重要な選択肢の一つです。
  • しかし、事業の売却は多くの関係者に多大な影響を及ぼしますし、どのようなスキームを選択するかによって、全く違った結果になるものです。
  • 私たちはこれまで、数多くの事業承継・M&Aをご支援する中で、さまざまなM&Aスキームを設計・実行支援して参りました。
  • 事業のスムーズな継承と永続を目的として、売主及び買主にとって、お互いに納得・妥協できるM&Aをご提案します。

スケジュール・事例

個別相談 ・売主側の経営者(株主)と専門家(主にM&A会社や顧問税理士)によるディスカッション。
・売却の経緯や条件などを踏まえて、今後の進め方について確認。
候補先探索・ノンネームシートを基に候補先探索を依頼。
・リストアップされた候補先のうち、売主が面談したい会社をピックアップ。
・専門家を通じて、会社概要書を基に説明。
条件交渉・双方のトップ面談。
・売買条件の交渉(譲渡時期、譲渡対象、譲渡価格、従業員の引継ぎ、競業避止など、専門家を通じて交渉)。
基本合意書の締結・大枠の条件について、「基本合意書」を締結(独占交渉権を設定)。
最終契約の締結・全ての条件が列挙された最終契約を締結(双方において、表明保証)。
・表明保証した内容が真実でない場合、後々損害賠償にも繋がるため、契約書の文言については専門家と相談の上、決定。

一般的な人員体制例

 お客様のメンバー  経営者、株主    
 弊社のメンバー  税理士・コンサルタント 2名~

改善事例

長年のワンマン経営で後継者不在。信頼できる第三者の申し出があったが、条件の一部が相反。契約に工夫を入れることで双方妥協、スムーズな承継を実現できた。

抱えていた課題・これまでワンマンで経営してきたため、従業員で引き継ぐものがいない。
・自分(社長)が抜けると、統率が取れなくなる可能性がある。
・相手方が見つかっても、引継ぎに時間がかかるのではないか。
弊社が行った改善策・社長の思いや、引継ぎ後のライフプランをヒアリング。
・概要書を作成し、候補先を探索。信頼のおけるお客様が買い手候補として申し出。
・条件交渉、双方が妥協点に折り合いをつけ最終契約を締結。
・元オーナーの資産対策も実施、老後の不安が取り除けた。
解決ポイント・候補先の探索にあたり、秘密保持契約が絶対ではなく、情報を漏らさない相手先を選別する方が大切。
・売り手と買い手の条件は相反するので、折り合いをつけれる知見・アイデアも必要。
コンサルティング結果・譲渡時期において双方の方針が異なり、方向性が定まらなかったが、基本合意書に工夫を入れることで、双方妥協できた。
・結果として、早期の承継が可能となり、承継後も利益が恒常的に増加していった。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

こちらの記事に関するご相談・お問い合わせ

受付時間9:30〜17:30(土・日・祝日除く)

お問い合わせフォーム

関連する事例

設立当初、安易に出資してもらったために、清算が困難に?

  • 事業経営

関連する事例一覧を見る

関連するお役立ち情報

税理士の経営・財産・相続トピックスVol.082「2020年 路線価が上昇した、本当か?」

  • 事業経営

関連するお役立ち情報一覧を見る

関連するサービス