事業承継

経営権(事業・組織構造)と支配権(出資金)の再構築・委譲など、次世代への事業承継を支援するサービス

事業承継は事業存続にかかわる重大な戦略ですが、対策が後回しになり選択肢が限られてしまっているケースが少なくありません。私たちは、数多くの事業承継にオーダーメイドの解決策をご提案・実行支援してきた知見をもとに、次世代まで見越した効果的な事業承継スキームの立案・実行支援をご提供して参ります。

「事業承継」についてのお悩み・ご相談事例

  • 後継者の候補が複数いるが、事業の永続を考えたとき誰に継がせるべきか迷っている。
  • 子供たちは経営を引き継がないが、創業家として株式は保持し事業には関わっていく体制を整えたい。
  • 息子が事業を引き継いでくれるが、自社株式の評価額が大きく相続税の納税が困難である。
  • 相続財産の中で自社株の占める割合が大きく、遺産分割で不公平が生じないか不安がある。

サービス概要

  • 事業承継は、経営者にとって避けては通れない最大の役割であるとともに、事業存続にかかわる重大な戦略です。
  • しかし、すぐに取り組まなくても支障をきたさないため、多忙な中で後回しにされ、気がついたときにはもう選択肢が限られてしまっているということが少なくありません。
  • 私たちは創業以来、事業承継問題に対して数多くのオーダーメイドの解決策をご提案・実行支援してまいりました。
  • これまでの経験・知見をもとに、次世代まで見越した効果的なスキームを立案し、円滑な事業承継をご支援します。

スケジュール・事例

現状把握・決算書などの資料を預かり、株式の評価額や経営者の財産状況などを確認。
問題点の明確化・経営者の意向を踏まえた検討会の実施 。
・現状のままでの事業の将来予測。
・自社株評価、相続税額概算の試算、納税資金や会社の支配権の観点から、事業承継上の問題点を整理。
スキーム設計 ・自社株対策、持ち株会社等の設立、企業再編、M&A・新株予約権の提案、信託の活用など、専門的スキームを検証。
・最適なご提案を提示。
実行支援・各年度ごとの実行プランを設定。
・重点施策に連動させて実行支援。

一般的な人員体制例

 お客様のメンバー 経営者
 弊社のメンバー コンサルタント 1~2名

改善事例

後継者の脇を固めるメンバーが中心になって次の10年間のプランニングを設計し、事業承継を具体的に機能させることができた。

抱えていた課題・業績も伸び、後継者も現場をよく掌握しているが、後継者を支える次世代の幹部がまだ育ちきっていない。
・株式の評価額が膨らみ対策が必要だと分かっているが、すべての経営権を承継させるには時期尚早だと躊躇している。
弊社が行った改善策・トップへのヒアリングを十分に行い、経営の承継の時間軸と財産の承継の時間軸を整理した。
・財産の承継について適切なタイミングを明確にし、複数のスキームを組み合わせて最適なプランを提案した。
・社外関係者も交えながら、後継者中心のプロジェクトを発足し、財産の承継と経営の承継を実行支援した。
解決ポイント・一部の利害関係者は社長と考えが一致しなかったが、利害関係者の観点からの解決策も提示した。
コンサルティング結果・コンサルタントが携わることで、トップが躊躇していた問題を細分化し実行に踏み切ることができた。
・プロジェクトを通して次世代の幹部のロイヤリティが高まり、後継者の脇を固めるメンバーが育った。
・評価額の膨らんでいた株式について、無事後継者に移行することができた。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

こちらの記事に関するご相談・お問い合わせ

受付時間9:30〜17:30(土・日・祝日除く)

お問い合わせフォーム

関連する事例

相続・事業承継スキーム「議決権信託により、株主50人以上でも議決権割合を獲得することができた」

  • 事業経営
  • オーナー・個人

関連する事例一覧を見る

関連するお役立ち情報

海外事業レポート「フィリピン 移転価格税制に関する新たな申告書1709の提出を義務付け」

  • 事業経営

関連するお役立ち情報一覧を見る

関連するサービス