名義株・反対株主対策

出資の状況や株主間の関係性を踏まえて、迅速・低コストで名義株・反対株主対策を支援するサービス

名義株・反対株主の存在は、会社の重大な意思決定に多大な支障を及ぼすだけでなく、解決を先送りしていると思わぬ時に買取請求を受けたりするリスクさえあります。私たちは、社内外の専門家や精通する弁護士と連携し、迅速かつ対策コストが極力最小限となるような解決策を検討・ご提案します。

「名義株・反対株主対策」についてのお悩み・ご相談事例

  • 定期株主総会で反対株主より円滑な議事運営が阻害されており、困っている。
  • 反対株主の存在を理由に、後継者が事業承継をためらっている。
  • 事業承継やM&Aなど、会社の重要な意思決定ができずに支障をきたしている。
  • 解決の糸口が見えず、ひたすら問題解決を先送りしている。

サービス概要

  • 名義株・反対株主の存在は、会社の重大な意思決定に多大な支障を及ぼしているものです。
  • しかし問題を先送りしていると、解決困難な状況に陥ったり、思わぬ時に買取請求を受けたりするリスクさえあります。
  • 私たちは、社内外の専門家や精通する弁護士と連携し、この問題の解決策をご支援してきました。
  • 迅速かつ対策コストが極力最小限となるような解決策を検討・ご提案します。

スケジュール・事例

出資の状況確認・ヒアリング ・株主名簿(設立時からの推移確認)、出資の状況を確認。
・株主総会の決議で、実際に困っていることの確認。  
・オーナー一族と他の株主との関係性をヒアリング。
株価算定 ・対策案を策定する前提となる、現状の株価を算定。
解決策の提案・プランニング ・税務リスクの検証、最小限のコストで課題解決のための提案。
・反対株主対策の場合は、訴訟リスクについて対抗策を検証(提携弁護士と連携)。
・スケジュールのプランニング。
実行支援・想定しうるリスクの明確化と回避策。
・意思決定と実行支援。

一般的な人員体制例

 お客様のメンバー 企業オーナー様・後継者様    
 弊社のメンバー コンサルタント 1~2名 

こちらの記事に関するご相談・お問い合わせ

受付時間9:30〜17:30(土・日・祝日除く)

お問い合わせフォーム

関連する事例

相続・事業承継スキーム「議決権信託により、株主50人以上でも議決権割合を獲得することができた」

  • 事業経営
  • オーナー・個人

関連する事例一覧を見る

関連するお役立ち情報

海外事業レポート「フィリピン 移転価格税制に関する新たな申告書1709の提出を義務付け」

  • 事業経営

関連するお役立ち情報一覧を見る

関連するサービス