試算表早期化・予算実績管理(病院)

試算表の早期化と業績管理の再構築により、数字に基づいた意思決定を支援するコンサルティング

事業を組織的に舵取りするためには、まずは業績をタイムリーに把握する必要があります。しかし現実には試算表がなかなか仕上がらず、予算実績会議も形骸化・機能していないというケースは、少なくありません。私たちは、試算表の早期化と業績管理の仕組みの再構築により、数字の根拠に基づいて意思決定できる体制づくりをご支援してまいります。

「試算表早期化・予算実績管理」についてのお悩み・ご相談事例

  • 月次試算表を早期に報告するため、ムダや不合理を改善したいが、各部門からの協力が得られにくい。
  • 毎月の試算表や実績報告が、意思決定に役立つものになっていない。
  • 毎月の試算表と年度末の決算で、業績の乖離が大きい。毎月の試算表を信じることができない。
  • 実績報告が数字の報告だけで終わっているが、実績会議が機能するようにやり方を変えていきたい。
  • 目標予算が形骸化しており、実績が乖離していても、幹部から対策・アクションプランが出てこない。

サービス概要

  • 事業を組織的に舵取りするためには、業績をタイムリーに把握し、数字の根拠に基づいて意思決定を下す必要があります。
  • しかし現実には試算表がなかなか仕上がらず、予算実績会議も形骸化・機能していないというケースは、少なくありません。
  • 私たちは、これまで全国の病院で模範となる業績管理手法を研究し、試算表の早期化・予算実績会議の機能化で、実績を積み重ねてきました。
  • 経理の決済フローを改善し、業績管理の仕組みを再構築することで、業績遂行と組織基盤強化をご支援してまいります。

内容・スケジュール

実績データの早期化・現状の月次試算表・実績資料の作成フローを検証・整理。
・業務の効率化(各部署への協力要請)
・業務プロセス改善を実施。・並行して幹部の計数教育をスタート。
月別予算設定・重要な指標の予算化。
・現場からの報告ルール・フォーマットを整備。
実績会議の整備・実績会議の運営体制を整備・スタート。
・指標のモニタリング、差異に対するアクションプラン、経理部門との情報共有、議事録作成など。
効果測定・
運営体制強化
・アクションプランによる現場の成果を報告。部⾨運営を含め、各部⾨が主体となった運営体制へ移⾏。
・部⾨間・各施設間の連携を促進。
・法⼈職員による運営へと移⾏。

一般的な人員体制例

 お客様のメンバー 理事⻑・院⻑・経営幹部・実務担当者(経理課、医事課、⽤度課)
 弊社のメンバー コンサルタント 1~2名

改善事例

実績・⾏動計画を発表するため、コミュニケーションが増えるとともに、全体の当事者意識が⾼まった。

抱えていた課題・翌々⽉にしか試算表が出ていなかったが、それが当たり前になっている。
・毎⽉の数値は収益しか管理しておらず、利益対策などは会計事務所任せである。
・ 経営幹部層が、業績に対して関⼼・意識が低い。
弊社が行った改善策・業務フローを可視化し、ボトルネックを解消することで、翌⽉には⽉次試算表を作成できる仕組みを構築した。
・病院のインディケーターがどう業績に繋がっているのか、勉強会を開催。
・毎⽉の経営会議にて、前⽉の振り返りを各部署(看護部・コメディカル部・事務部)から報告する体制を整えた。
コンサルティング結果・経営の数値を軸に、現場改善が連携し経営が上向きになった。
・毎⽉の積み重ねが決算(年間)となり、利益を意識した運営ができるようになった。
・利益予測が早期に⽴てられるようになった。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

こちらのサービスに関するご相談・お問い合わせ

受付時間9:30〜17:30(土・日・祝日除く)

お問い合わせフォーム

関連する事例

贈与により娘名義の口座でも、妻の財産とされるのか?

  • 医療・介護

関連する事例一覧を見る

関連するお役立ち情報

診療所の経営・相続Q&A「悪い口コミや誹謗中傷を書き込まれたので削除したい」

  • 医療・介護

関連するお役立ち情報一覧を見る

関連するサービス