クリニックの事業承継・M&Aの事例と専門税理士・コンサルタント

クリニックの事業承継・M&A

 

クリニックの事業承継・M&Aで、何が起こっているのか

クリニックの事業承継・M&A将来のことは分からないが、意思決定にはリミットがある

事業承継は相手があることですので、将来どうなるかは分かりません。しかし、選択肢を整理すれば、意思決定にはリミットがあることが分かります。うまくいくためには、早い段階でシナリオを検証することがポイントだと、私たちは考えます。

 

ご相談事例

息子が承継するかどうか、先のことは分からない

 

私たちのご提案

事業承継の選択肢とリミットを整理し、プランニングする

 

専門家へのお問い合わせは、こちらから

 

 

クリニックの事業承継・M&Aが、うまくいくためのポイント

クリニックの事業承継・M&A財産の承継・経営の承継・診察の承継、それぞれステップを踏んで承継していく

クリニックの事業承継には、財産の承継・経営の承継・診察の承継があります。ある日いきなりすべてを承継することは不可能です。適切なスキームを設計し、双方が納得できる進め方でステップを踏んでいくことがポイントだと、私たちは考えます。

Point1

財産の承継
  • 出資持分
  • 事業用資産(診療所の土地建物等)
  • 借入がある場合、借入保証

Point2

経営の承継
  • 一族・家族の合意形成
  • 院内の組織掌握・リーダーシップ
  • 外部の人脈・ネットワーク

Point3

診察の承継
  • 先代と後継者の併走期間
  • カルテ・診察スタイル
  • 患者さんからの信望

 

 

クリニックの事業承継・M&Aの、スケジュール・料金の事例

ヒアリングを通して想定される承継パターンをご提案、中長期にわたり実行支援

Phase テーマ 内容
1 ヒアリング ご希望の承継方法について、ヒアリングします(未定の場合は、ご希望と背景を整理)。
2 簡易診断 主に財産の承継について、想定される承継パターンを簡易分析、ご提案。
3 シミュレーション 承継にあたって発生する現時点の税額見込や、M&Aで第三者に売却する場合の想定価格などを試算。
4 実行支援(継続サポート) プランを実行支援、中長期にわたる場合などは、計画に沿って継続的にサポート。

※今回の事例の場合は、月額 100,000円(顧問契約、消費税別)のご提案となりました。(事業規模・難易度等に応じて、個別にお見積もり)

 

 

クリニックの事業承継・M&Aで、お客様にご提供できた価値

M&Aも視野に入れて経営努力、信頼できる後継者に納得の承継ができた。

抱えていた課題
  • 息子さんは病院勤務を希望で、将来、閉院するか第三者に売却するしかないと分かっておられた。
  • しかし、閉院の場合もM&Aの場合も将来のことは予測できないし、半ば諦めておられた。
  • 不安は抱えながらも、結論を出すことはできなかった。
弊社が行った改善策
  • 理事長のライフプランをヒアリングし、リタイアの時期と老後のマネープランをシミュレーションした。
  • リタイアの時期を考えれば、M&Aでも十分に引き継げる時期だと想定された。
  • 利益率改善やスタッフ教育、事業用資産の整理などによって、医療法人の企業価値を高めるサポートをした。
改善結果
  • 承継のタイミングはやや遅れたものの、信頼できる後継者(譲受者)と出逢うことができた。
  • 双方が慮り、伴走期間を経て、納得できる事業承継が実現できた。
  • 高額となっていた出資金についても、退職金を含めた最適なスキームで承継することができた。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

 

簡易診断は、こちらから

 

GROUP

日本経営グループトップ

©日本経営ウイル税理士法人