診療所の事業承継・M&A

親族への医院・医療法人承継や、第三者へのM&Aなど、クリニックの事業承継を支援するサービス

診療所の事業承継は、タイミングや関係者へのアナウンスなど、思い入れや心づもりがあるものです。しかし相手があることなので、思うように進まないことは多々あります。そして、事業承継は一つ一つひとつ全く異なるものです。私たちは、関係者の方々が納得・妥協できる、オーダーメイドのソリューションを設計・実行支援して参ります。

「事業承継・M&A」についてのお悩み・ご相談事例

  • 息子への理事長交代にあたり、患者さんの診察やスタッフのマネジメント、通帳や印鑑・経理など、どのようなステップで引き継いでいけばよいか。
  • 医療法人の出資金を後継者に引き継ぎたいが、どのタイミングでどのように進めればよいか。
  • 身内への承継は難しいので、第三者への承継も含めて考えたい。業者にも当たっているが、買い手が見つかる見込みはあるか。
  • M&Aにせよ閉院にせよ、医療法人が所有する預金や不動産などは最後にはどうなるのか。

サービス概要

  • 診療所の事業承継は、どのタイミングで承継・M&Aするのか、スタッフや患者さんにはどのようにお伝えするのかなど、思い入れや心づもりがあるものです。
  • しかし相手があることなので、「息子が遠方で開業してしまった」「勤務先を辞めて急に帰ってくることになった」「M&Aの買い手が見つからない」「希望しているよりも早く相手が見つかり、準備ができていない」など、思うように進まないことは多々あります。
  • 親子間承継であってもM&Aであっても、私たちはこれまでさまざまなケースの事業承継をサポートしてきました。
  • 事業承継は、お客様や診療所の状況に合わせて、一つひとつ全く異なるものです。関係者の方々が納得・妥協できる、オーダーメイドのソリューションを設計・実行支援して参ります。

内容・スケジュール

ヒアリング(~1ヶ月)・希望される事業承継について、ヒアリング。
・承継先が定まっていない場合は、承継候補者の探索について検討(ノンネームでの探索依頼ほか)。
承継パターンの検討(1~2ヶ月)・承継パターンは、双方が個人か法人かによって大別され、財産の承継にも複数の選択肢がある。
・想定されている承継パターンを掘り下げ、具体的な条件や課題を整理。
概算シミュレーション(1~2ヶ月)・M&Aの場合は、想定される売却価格の試算。
・出資金を贈与・相続する場合は、贈与・相続税額。
・その他、売却対価・役員退職金などに課される税額などシミュレーション。
実行支援(3ヶ月~)・実行支援。対策が中長期にわたる場合には、計画に沿って継続的にサポート。

一般的な人員体制例

 お客様のメンバー 理事長、承継者、ご家族  
 弊社のメンバー M&A担当者、税理士

事業承継・M&Aに関するご相談・お問い合わせ

受付時間9:30〜17:30(土・日・祝日除く)

お問い合わせフォーム

関連する事例

贈与により娘名義の口座でも、妻の財産とされるのか?

  • 医療・介護

関連する事例一覧を見る

関連するお役立ち情報

診療所の経営・相続Q&A「悪い口コミや誹謗中傷を書き込まれたので削除したい」

  • 医療・介護

関連するお役立ち情報一覧を見る

関連するサービス