日本への投資・事業進出

日本への進出形態・株式会社の機関設計など日本への進出、進出後のアウトソーシングを支援するサービス

日本への進出を検討する場合、事業のスピード・成否を分けるのは、信頼できる日本人専門家とのパートナーシップにあります。私たちは、会計・税務・ビジネスの専門家が集った税理士法人として、日本の法規制・手続き・商慣習などを踏まえ、最適な選択肢をご提案。日本への進出とその後の事業支援をして参ります。

「日本への投資・事業進出」についてのお悩み・ご相談事例

  • 日本への進出を検討しているが、障壁となり得る業界の規制や商慣習などがないかリサーチしたい。
  • 駐在員事務所・支店・会社設立など日本への進出形態、資本金・株主の外資規制・取締役など株式会社の機関設計について、サポートしてほしい。
  • 事業内容や投資規模、本国への利益・資金還流などについて、アドバイスがほしい。
  • 進出後の会計・税務について、本社への説明を支援してほしい。

サービス概要

  • 日本への進出を検討する場合、事業のスピード・成否を分けるのは、信頼できる日本人専門家とのパートナーシップにあります。
  • しかし、リサーチ段階では日本人人材も確保できておらず、母国語で気軽に相談することさえ困難な状況にあります。
  • 私たちは、会計・税務・ビジネスの専門家が集った税理士法人で、中国人・韓国人スタッフなども勤務。海外拠点など国際的なビジネスをご支援しています(対応可能言語:英語、中国語、韓国語)。
  • 日本への投資・事業進出についても、日本の法規制・手続き・商慣習などを踏まえて最適な選択肢をご提案。日本への進出とその後の事業支援をして参ります。

内容・スケジュール

ヒアリング・日本への投資・事業進出について、プランや疑問をヒアリング。
・外資規制や業界の規制・各種手続きを整理。
プランニング・税務上の有利不利などを踏まえて、進出形態の決定を支援。
・日本法人設立の場合など、スケジュール・機関設計などをサポート。
日本法人設立支援・日本法人設立の手続きを支援。
・必要に応じてVISA取得や銀行口座開設をサポート。
進出後のフォロー・日本法人の会計・税務のアウトソーシングに対応。
・本国母国語での試算表・各種制度の説明を支援。親法人とのミスコミニケーションを防止。

一般的な人員体制例

 お客様のメンバー 経営幹部・実務担当者  
 弊社のメンバー コンサルタント 1~2名

サービスの提供事例

日本への進出にあたり日本語対応できる人材・人脈が不足し困っていたが、母国語での対応によりスムーズに意思決定でき、進出後にも限られたリソースの中で本業に集中できた。

抱えていた課題・本国で展開しているアプリについて、日本でも展開を検討。
・しかし日本語対応できる人材・人脈が不足。
弊社が行った業務・本国スタッフとコンサルタントが二人で対応、日本進出における不明点を整理。
・日本進出形態の比較検討、日本法人設立の手続きをサポート。
コンサルティング結果・母国語での理解が進み、親会社への報告の精度が上がった。
・会計・税務のアウトソーシングにより、限られたリソースを営業・本業に集中できた。
・日本の税理士法人とのパートナーシップにより、相乗効果が図られた。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

こちらの記事に関するご相談・お問い合わせ

受付時間9:30〜17:30(土・日・祝日除く)

お問い合わせフォーム

関連する事例

相続・事業承継スキーム「議決権信託により、株主50人以上でも議決権割合を獲得することができた」

  • 事業経営
  • オーナー・個人

関連する事例一覧を見る

関連するお役立ち情報

海外事業レポート「フィリピン 移転価格税制に関する新たな申告書1709の提出を義務付け」

  • 事業経営

関連するお役立ち情報一覧を見る

関連するサービス