お役立ち情報

私の人生にロトはいつ来るかな? 宝くじに課税される税金情報/韓国の税務情報

私の人生にロトはいつ来るかな? 宝くじに課税される税金情報!(出展:韓国国税庁公式ブログ 2022/4/25)

※韓国の税務・経済・法律情報から注目のトピックスをピックアップし、日本語に翻訳してお届けします

宝くじの当選金は日本では非課税所得に分類されますが、韓国では課税所得に分類されます。今回は、韓国の宝くじに対する税金について確認してみましょう。

「1位になってみろ、会社を辞めるぞ!」

疲れた一日の終わりに今夜は良い夢を見ることを期待しながらロトを買ったことはありませんか。 5,000ウォンでもいいから当たればいいという気持ちで購入した宝くじ! 当選前にはどうにか当選だけしろという気持ちですが、いざ1位に当選したら税金のことが少し心配にならないでしょうか。

それで国税庁ブログが用意しました! 宝くじ当選金にどんな税金がどんな割合で課税されますか。 当選金を全額そのまま全部受け取ることもできるのでしょうか。 夢のようなロト1位の税金についても必ず知っておきましょう!

宝くじ当選金に課税される税金の種類?

宝くじの種類はロト、年金宝くじ、プロトなど多様にあります。 このような種類に関係なく、宝くじ当選金額は所得税法21条第1項により「その他所得」に分類されます。 どんな宝くじでも当選したら、その当選金は無条件に源泉分離課税方式で税金を納付しなければならないです。

源泉分離課税方式とは、他の所得(事業所得、勤労所得、金融所得など)と合算せず、源泉徴収で納税義務を終結させる課税方法です。 源泉徴収により税金を納付すれば、5月に総合所得税申告をする必要はありません。

5,000ウォン当たっても税金を払いますか?

正解はNO!それは違います。

ロト宝くじ5等に当たれば当選金が5,000ウォン、4等は5万ウォンです。 5万ウォン以下の当選金は税率が適用される範囲ではないため、源泉徴収なしにそのまま受け取ることができます。

(注:韓国のロト6の購入価額は、1口1,000ウォン)

しかし、当選金が5万ウォンを超える3等以上の当選からは税率に応じて税金を源泉徴収されて受け取ることになります。 賦課税率は以下の通りです。

金額その他所得税 / 地方所得税
5万ウォン以下非課税
5万ウォン超~3億ウォン以下20% / 2%
3億ウォン超30% / 3%

金額区分別にその他所得税20%、30%が各々課税され、これに追加してその他所得税の10%に該当する住民税が賦課されます。 そうなると結果的に22%、33%の税率が適用されます。

7億ウォンに当たった私、2億3,100万vs1億9,800万どっち?

当選金が7億ウォンの宝くじに当たったとしたら、住民税を含めて33%の税率を適用するのでしょうか? 違います。 当選金には分離課税の概念が適用されるため、7億ウォンのうち3億ウォンについては22%、3億ウォンを超過した残りの4億ウォンには33%の税率が適用されます。

(3億22%)+(4億33%)=1億9,800万ウォン

家族に当選金を分けると、課税されますか?

ロト当選金は金額が大きい分、家族に分けようとする方もいらっしゃると思います。 この時、贈与税を払わなければなりません。 当選金を配偶者や直系尊卑属などに贈与する時の税率は次の通りです。

贈与額税率
1億ウォン以下10%
1億ウォン超~5億ウォン以下20%
5億ウォン超~10億ウォン以下30%
10億ウォン超~30億ウォン以下40%
30億ウォン超50%

もちろん、贈与税が免除される控除金額もあります。 配偶者には6億ウォンまで、直系尊卑属は5,000万ウォンまで、その他の親族は1,000万ウォンまで贈与税課税価格から控除できます。

(注:韓国非居住の場合は控除できません)

ロト以外の宝くじも同じですか?

年金宝くじとプロトの場合、課税方式は次の通りです。

1.年金宝くじ

年金宝くじは、総当籤金を毎月年金のように支給する方式の宝くじです。 1位は毎月700万ウォンずつ20年間支給されます。 年金宝くじの当選金も当然その他の所得に分類され分離課税により課税を受けることになります。 したがって、毎月700万ウォンを受け取る際に、700万ウォンの22%が源泉徴収されます。

年金宝くじ1等に当たれば700万*(1-22%)=546万ウォンを20年間毎月受け取ることになりますね。

2.プロト

プロト宝くじは野球、バスケットボール、サッカー、バレーボールなどスポーツ競技の勝敗を予想して試合結果を当てた人々に配当金が支払われる方式の宝くじです。 勝敗だけではなくスコアなども組み合わせる方式もありますので、この宝くじを「的中投票権」といいます。

的中配当率が100倍以下でありながら還付金が200万ウォン以下であったり、的中配当率に関係なく還付金が10万ウォン以下であれば税金は課税されません。

当選金が200万ウォンを超過すれば的中配当率に関係なく課税し、当選金が10万ウォンを超過して的中配当率が100倍を超過した場合は当選金額によってその他所得税率を適用して課税します。

________________________________________

暇つぶしに少しの期待と希望を抱いて買ってみる宝くじ! 宝くじの種類によって多少異なりますが、基本的に宝くじ当選金はその他の所得であり、分離課税により課税されることと家族に贈与すれば贈与税が課税されるという点を認識していただければと思います。

出典:韓国国税庁公式ブログ

(注)赤色の注書きは、国税庁公式ブログの記事原文を翻訳する際、日本経営ウィル税理士法人で書き加えた部分です。

日本経営ウィル税理士法人

韓国税務担当 顧問税理士 親泊伸明
韓国税務担当 李 榕濟(イ・ヨンゼ)

本コーナーは一般的な情報をお伝えすることが目的であり、翻訳の限界から正確性・網羅性を保証するものではありません。このトピックスをご参考に意思決定をされて直接・間接に何らかの損害を被られても、一切の責任は負いかねます。意思決定にあたっては専門家に個別具体的にご相談なさってください。

日韓国際相続に関するご相談・お問い合わせ
[韓国税務担当]050-5330-1313

担当:李 榕濟(イ・ヨンゼ)
受付時間9:30〜17:30(土・日・祝日除く)

  • 事業形態 事業・国際税務
    相続・オーナー
  • 種別 レポート

関連する事例

富裕層の相続税節税対策「タワマン節税」国側勝訴の最高裁判決の事例

  • 相続・オーナー

関連する事例一覧を見る

関連するお役立ち情報

国税に不服申し立て 競馬の儲けに対する税金はおかしい?【税務レポート】

  • 事業・国際税務
  • 相続・オーナー

関連するお役立ち情報一覧を見る