信託・遺言

遺言書の作成・信託によるスキーム設計など、遺族の円滑な遺産分割への対策を支援するサービス

相続対策において最も重要なテーマの一つが、「遺産分割対策」です。遺族が揉めることがないように、分割方法について道筋をつけておく必要があります。私たちはこれまで、数多くの相続対策や相続申告をご支援してきました。お客様が次世代に託したい願いに沿った、遺産分割対策をご支援して参ります。

「信託・遺言」についてのお悩み・ご相談事例

  • これまで遺言書を書くつもりはなかったが、遺族が揉めないためには作成が必要だろうかと迷っている。
  • 母とともに賃貸マンションの建築を進めているが、それまでに認知症など意思能力がなくなったら、どうなるのか。
  • 遺言とは違い、信託ではさまざまなことが柔軟に設計できると聞いたが、具体的にどのようなことが可能なのか。
  • 父は兄に言うことと、私に言うことでは、かなり内容が違っている。遺産分割で揉めるのではないかと、大変に心配している。

サービス概要

  • 相続対策において最も重要なテーマの一つが、「遺産分割対策」です。遺族が揉めることがないように、分割方法について道筋をつけておく必要があります。
  • しかし現実には、揉めることはないはずだという思い込みがあったり、公平に分けることができない財産があったりと、遺産分割対策は一筋縄にはいきません。
  • 私たちはこれまで、数多くの相続対策や相続申告をご支援してきました。資産家の方々には信託を活用した相続スキームも、数多く開発してきました。
  • お客様が次世代に託したい願いに沿って、遺産分割で揉めることのない信託・遺言の活用をご支援して参ります。

スケジュール・事例

ヒアリング ・家族状況・財産状況のヒアリング。
課題の明確化・相続シミュレーションの実施。
・結果報告。課題の明確化。
対策の提案・遺言の意志についてのご確認。
・信託によるスキーム提案。
実行支援 ・意思決定と実行支援(行政書士など専門家と連携)。

一般的な人員体制例

 お客様のメンバー  財産所有者      
 弊社のメンバー  コンサルタント 1~2名

改善事例

遺言には消極的だったお客様が、作成を検討。相続シミュレーションにより現状把握ができるとともに、悩んでいた配偶者の生活について、対策を打つことができた。

抱えていた課題・子供が3人、配偶者もいるが、遺言書をかくべきか、迷っていた。
弊社が行った改善策・現状をヒアリング、相続シミュレーションを実施。
・家屋敷は配偶者の所有としておきたいとの思いから、遺言書の作成を検討。
・検討の結果、家屋敷だけに限定した遺言書を作成。
解決ポイント・シミュレーションによって、お客様が現状把握できた。
・配偶者の生活について悩まれていることが明確になった。
コンサルティング結果・遺言により、配偶者の生活について必要な対策を打つことができた。

※実例をもとにしていますが、内容が特定されないように適宜変更してご紹介しています。

こちらの記事に関するご相談・お問い合わせ

受付時間9:30〜17:30(土・日・祝日除く)

お問い合わせフォーム

関連する事例

資産家なのに、認知症では預金を引き出せないのか?

  • オーナー・個人

関連する事例一覧を見る

関連するお役立ち情報

税務レポート「新型コロナウイルス感染症の影響についての、税制上の措置」その2

  • 事業経営
  • オーナー・個人

関連するお役立ち情報一覧を見る

関連するサービス