お役立ち情報

税理士の経営・財産・相続トピックス「達成すべき結果」

「目標」と「心がけ」、皆様の事業にきっと役立ちます。

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

新しい年になりますと色々なことを考えます。毎年恒例の今年の漢字2016年は「金」でした。オリンピックの金、マイナス金利の金、政治資金の金、「PPAP」の金、個人的にはPPAPが一押しですね。

さて、年の初めには目標を立てたり、予算を立てたりします。目標とはなんでしょう。目標を私共では、「達成すべき結果である」と定義付けしております。出来たらいいな、そうなればいいな、という「タラレバ」ではなく、達成すべき結果ですから、重要な意味を持ちます。

一方、日頃の事業や生活では「心がけ」があります。今年は、●●●を心がけよう、●●●を常に意識しよう、というシンプルなものです。
日頃の言葉や表現、行動や態度、そして判断と考え方。心がけは、例えばテーマであったり、キーワードであったり、目標とは別に常日頃心がけることを是非イメージして下さい。「目標」と「心がけ」、皆様の事業にきっと役立ちます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

(2017年1月1日 税理士法人日本経営 代表社員税理士 丹羽修二) 

 

本稿は一般的な内容を分かりやすく解説したものです。実際の税務・経営の判断は個別具体的に検討する必要がありますので、税理士など専門家にご相談の上ご判断ください。本稿をもとに意思決定され、直接又は間接に損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。

  • 事業形態 事業経営
    医療・介護
    オーナー・個人
  • 種別 トピックス

関連する事例

設立当初、安易に出資してもらったために、清算が困難に?

  • 事業経営

関連する事例一覧を見る

関連するお役立ち情報

税理士の経営・財産・相続トピックス「目に見えない小さな小さな脅威」

  • 事業経営

関連するお役立ち情報一覧を見る