お役立ち情報

税理士の経営・財産・相続トピックス「決算書の表情」

お金の使い方には、金額が大きくても小さくても、その経営者の人格が現れます。

舛添さんが東京都知事を辞職しました。猪瀬さんに続き、日本の首都の長が“お金”で2人続けて任期途中で辞職とは、情けない限りです。

舛添さんは何が悪かったのか?

何かが悪かったから辞職したことには、間違いありません。法律では問題ありませんと、有名弁護士が繰り返していました。きっと、法的には問題無いのでしょう。

法的には悪くないが辞職しなければならなかった。誰が見ても「それはおかしいだろう」というお金の使い方だったということです。

難しく言えば、社会通念上の合理的妥当性がない、となります。

お金の使い方には、金額が大きくても小さくても、その経営者の人格が現れます。組織のお金を使う権限は、組織のトップにしかありません。

決算書はどんな表情でしょう。人格が現れているかもしれません。東芝、オリンパス、王子製紙、決算書には経営者の人格が現れていたのでしょう。

イチロー選手が、記録を創る人は人格者であってほしいとコメントがありました。

決算書の表情を、年々磨いていきたいものです。

(2016年7月1日 税理士法人日本経営 代表社員税理士 丹羽修二) 

 

本稿は一般的な内容を分かりやすく解説したものです。実際の税務・経営の判断は個別具体的に検討する必要がありますので、税理士など専門家にご相談の上ご判断ください。本稿をもとに意思決定され、直接又は間接に損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。

  • 事業形態 事業経営
    医療・介護
    オーナー・個人
  • 種別 トピックス

関連する事例

設立当初、安易に出資してもらったために、清算が困難に?

  • 事業経営

関連する事例一覧を見る

関連するお役立ち情報

税理士の経営・財産・相続トピックスVol.082「2020年 路線価が上昇した、本当か?」

  • 事業経営

関連するお役立ち情報一覧を見る