お役立ち情報

税理士の経営・財産・相続トピックス「マイナス金利?」

「いつでも貸しますよ」というときが、一番判断が甘くなる。

 2月に日銀でマイナス金利が導入されました。

金融機関が日銀にお金を預けると金利を支払うということになります。お金を預けて利息を支払うのですから、今までの常識からすると「何をしていることやら」ということになります。

しかし、良い事かどうかは別として、欧州では数年前から導入されて珍しいことではありません。

昔話ですが、平成の最初の頃は、住宅ローンの変動金利が8%とか、預金金利も5%超えるとか、そのような時代がありました。事業計画を立てるときには銀行金利は8%でシミュレーションしていたことを思い出します。

マイナス金利の導入で、預金金利も下がり、融資金利もさがります。お金があれば預けるより事業に使いましょう、銀行で借り易くなったので事業に投資しましょう、ということが、政策としての大きなメッセージなのでしょうか。

しかし、医療事業における投資判断には、金利差は殆ど影響しません。

医療機関の事業再生をお手伝いすることが多くなりましたが、金融が事業投資を促進させるような環境になってきたとき、いわゆる、「先生いつでも貸しますよ」と言われているときは、一番判断が甘くなります。

事業も住宅も、こういうときほどシビアなシミュレーションが必要になります。

でも、金融は難しいですね。

(2017年3月1日 税理士法人日本経営 代表社員税理士 丹羽修二) 

 

本稿は一般的な内容を分かりやすく解説したものです。実際の税務・経営の判断は個別具体的に検討する必要がありますので、税理士など専門家にご相談の上ご判断ください。本稿をもとに意思決定され、直接又は間接に損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。

  • 事業形態 事業経営
    医療・介護
    オーナー・個人
  • 種別 トピックス

関連する事例

設立当初、安易に出資してもらったために、清算が困難に?

  • 事業経営

関連する事例一覧を見る

関連するお役立ち情報

税理士の経営・財産・相続トピックス「目に見えない小さな小さな脅威」

  • 事業経営

関連するお役立ち情報一覧を見る