お役立ち情報

税理士の経営・財産・相続トピックス「何をシェアする」

B/S、P/Lの見方が変わり、キャッシュフローの考え方も変わる

ポルシェ、フェラーリ、1日7万、8万。高級車を時間借り出来るのですね。

カーシェアリング、シェアハウス、◯◯シェアという言葉をよく耳にするようになりました。また、レンタル業界でも、新たなビジネスモデルが続々登場しています。

「共同生活」と聞くと、何となく古くてイメージが悪いですが、「シェアハウス」と聞くとなぜか新しく明るい感じがしますから不思議です。

中国の自転車シェアサービスの大手であるモバイクは、典型的なシェアビジネスで、あんなことが中国で成り立つのかと真剣に考えてしまいます。

 

「物の所有 → シェア、借りる」に変化していることは確かです。

土地建物、機械装置も、開発サイクルが早期かつ短期になり、所有から使用に変化します。

サイクルが短くなる中で、保守契約してまで、所有することの有益性が揺らいでいるようです。

固定資産に多額投資する考え方は勿論間違いではありませんが、コストパフォーマンスを考慮した際、使用に対して合理的な選択肢が増えているのでしょう。

システムの開発サイクルが急速に変化していることが大きな要因と言えます。利益やキャッシュフローを最大にするために、投資サイクルへの対応が迫られているのです。

 

貸借対照表に固定資産の表示があります。

所有からシェアへと設備投資についての考え方も変化してきました。

B/Sも固定資産が減少し、減価償却が減少して、P/Lの使用料が増加します。

B/S、P/Lの見方が変わり、キャッシュフローの考え方も変わります。

所有と使用のバランスを上手に考えましょう。

2018年4月1日
日本経営ウイル税理士法人
代表社員税理士 丹羽修二

 

本稿は掲載時点の情報に基づき、一般的なコメントを述べたものです。実際の税務・経営の判断は個別具体的に検討する必要がありますので、税理士など専門家にご相談の上ご判断ください。本稿をもとに意思決定され、直接又は間接に損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。

  • 事業形態 事業経営
    医療・介護
    オーナー・個人
  • 種別 トピックス

関連する事例

設立当初、安易に出資してもらったために、清算が困難に?

  • 事業経営

関連する事例一覧を見る

関連するお役立ち情報

税理士の経営・財産・相続トピックス「目に見えない小さな小さな脅威」

  • 事業経営

関連するお役立ち情報一覧を見る