お役立ち情報

税理士の経営・財産・相続トピックス「平均データの不思議」

過去や未来と向き合っていくことを、楽しみにしていく

派遣社員の平均時給が下落しているとの新聞記事がありました。

どこも人手不足で給与が上がっているというのに、派遣全体の平均時給は下がる、何故でしょうか?

派遣職種を個別に見ると、時給は上昇しています。それならば平均は上がるはずです。

その一方、介護福祉系に派遣される人数が急増しています。他職種と比較して時給が低いため、派遣社員全体の平均額を押し下げていたのです。

なるほど計算上の平均データとしては正しい。

しかし、参考にしてよいものでしょうか。

 

様々な統計データがあります。

しかし、それらが実態として意味のあるデータなのかどうかは個別に検証が必要です。

ベンチマーキングは、ベストプラクティスと比較してどうあるべきか。

私どもも、お客様にとって意味のあるデータを提供させていただきます。

他社との比較は他社の事情で変わりますから、データ上で良い数字だったとしても、自社が成長した結果かもしれませんし、他社が変わった影響かもしれません。

わかりやすいのは自社比較です。

過去と比べてどうか? 未来の自社と比較してどうか? 時系列で比較する。予算で比較する。

過去や未来と向き合っていくことは厳しいことですが、経営者としては向き合っていかなければなりません。

それを楽しみにして行きましょう。

(参考:2018年3月、派遣社員の平均時給は18ヶ月ぶりに上昇に転じています。)

2018年5月1日
日本経営ウイル税理士法人
代表社員税理士 丹羽修二

 

本稿は掲載時点の情報に基づき、一般的なコメントを述べたものです。実際の税務・経営の判断は個別具体的に検討する必要がありますので、税理士など専門家にご相談の上ご判断ください。本稿をもとに意思決定され、直接又は間接に損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。

  • 事業形態 事業経営
    医療・介護
    オーナー・個人
  • 種別 トピックス

関連する事例

設立当初、安易に出資してもらったために、清算が困難に?

  • 事業経営

関連する事例一覧を見る

関連するお役立ち情報

税理士の経営・財産・相続トピックス「目に見えない小さな小さな脅威」

  • 事業経営

関連するお役立ち情報一覧を見る