お役立ち情報

税理士の経営・財産・相続トピックス「毎年の中期計画」

めでたいことの後には、試練が待ち構える

酷暑の夏が過ぎ、あっという間に秋が過ぎて、霜月になりました。

来年は平成から新元号に変わり、ゴールデンウィークはなんと10連休というびっくりする暦です。月の3分の一が休みなのです。

2020年は東京オリンピックが開催されます。オリンピックのときはどのような暦になるのでしょうか。

いずれにせよ、おめでたいことが続きそうです。

しかしながらビジネスでは、めでたいことの後には試練が待ち構えているでしょう。

 

目指すべき将来像に沿って、具体的な筋道

さて、この時期になると計画の話がよく出てきます。

次の事業年度の計画、あるいは3年間の計画、5年間の計画。

計画ですから会社の目指すべき将来像に沿って、具体的な筋道が書いてあるわけです。

5ヵ年計画では5年後にはこうなっていたい、今から5年間はこのようなことをしていきたい、ということをじっくりと経営者が練ります。

 

3年や5年ごとの中期計画から、毎年の中期計画への変化

5年後のことを、5年に1回だけ考える、5年が終わったときに「さあ次の5年どうしようか」では、世間から置き去りにされてしまいます。

とは言っても、毎年、中期計画を気合を入れて作成すると大変です。

大変ですが、経営者は次の3年、5年をイメージしながら次年度の計画を策定し、中期計画の見直しと積み上げを毎年行って下さい。

「ローリング」と言われるものです。3年や5年ごとの中期計画から、毎年の中期計画への変化です。

 

経営者は3年後、5年後をイメージして、毎年戦略を創造し、社員に語っていくものです。

次の東京オリンピックは2年後。その次の東京オリンピックは何年後でしょうか。

オリンピックは4年に一回だけ、大いに楽しみます。

 

2018年11月1日
日本経営ウイル税理士法人
代表社員税理士 丹羽修二

 

本稿は掲載時点の情報に基づき、一般的なコメントを述べたものです。実際の税務・経営の判断は個別具体的に検討する必要がありますので、税理士など専門家にご相談の上ご判断ください。本稿をもとに意思決定され、直接又は間接に損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。

  • 事業形態 事業経営
    医療・介護
    オーナー・個人
  • 種別 トピックス

関連する事例

設立当初、安易に出資してもらったために、清算が困難に?

  • 事業経営

関連する事例一覧を見る

関連するお役立ち情報

税理士の経営・財産・相続トピックス「目に見えない小さな小さな脅威」

  • 事業経営

関連するお役立ち情報一覧を見る