お役立ち情報

税理士の経営・財産・相続トピックス「広告は何処に?」

創業期、成長期、安定期。広告費はそれぞれのステージで変化させる代表的な経費。

電話帳を見なくなったのがいつのことか思い出せないくらい、歳月が経ちました。携帯の無い時代は、電話帳やタウンページなるものが事務所には必需品でした。今では、若い方々は電話帳を見たことがないでしょう。

新しい住宅地は景観がすっきりしています。よく考えると電柱がありません。電線が地中に埋め込みなっている住宅地が増えてきたのでしょう。電車の沿線では昔ながらの味のある風景から、再開発が進んだすっきりとした景観に変わりつつあります。

私は電車通勤していますが、車内はスマホを見ている人が殆どのように思えます。老若男女を問わずスマホだらけですね。電車、カフェ、自宅、1人のとき、いつでもどこでもスマホという感じです。

街の景観も変わり、人の景観も変わり、スマホだらけは私には少し寂しいですが、そう言っている私もスマホをよく見ているのが事実です。スマホの中には広告が山ほどあるのは当然なのですが、物ではないので見られなければ存在しないのと一緒というのが難しいところです。

ゼロから1を創る創業期、1を100にする成長期、100を継続させる安定期、広告費はそれぞれのステージで変化させる代表的な経費です。

Web、SNS、その内容も、ステージの変化を先取りして、物はないけど存在感のあるものにして行きましょう。

2017年8月1日
税理士法人 日本経営
代表社員税理士 丹羽修二

 

本稿はご回答時点における一般的な内容を分かりやすく解説したものです。実際の税務・経営の判断は個別具体的に検討する必要がありますので、税理士など専門家にご相談の上ご判断ください。本稿をもとに意思決定され、直接又は間接に損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。

  • 事業形態 事業経営
    医療・介護
    オーナー・個人
  • 種別 トピックス

関連する事例

設立当初、安易に出資してもらったために、清算が困難に?

  • 事業経営

関連する事例一覧を見る

関連するお役立ち情報

税務レポート「もしかしたら対象者かも?財産債務調書とは」

  • 事業経営
  • オーナー・個人

関連するお役立ち情報一覧を見る