お役立ち情報

税理士の経営・財産・相続トピックス「雑収入は雑?」

「雑」に入ってはいても、集まると大きな収入。

企業では本業の儲けを表す言葉として営業利益を使います。医療においては医業利益という言葉を使います。医業利益に、医業外の収益と医業外の費用を加算減算して、経常利益となります。この医業外収益の代表的なものが受取利息と雑収入です。そして医業外費用の代表的なものが支払利息です。

今の時代は、利息は受け取る利息も支払う利息も無いと同じくらいですね。そして意外に大きいのが雑収入です。医業利益がマイナスでも、雑収入で経常利益がプラスになることがあります。病院では数億になります。数億となると「雑収入」という呼び方にしておくには申し訳ないくらい、重要になります。

おむつ等消耗品販売、自販機手数料、歯科金属販売、テレビカード、治験収益 等々、診療所でも百万、千万のケースもあります。「雑」という科目に入ってはいますが、月に数万、数十万となると、集まると大きな収入になります。見直していただくと、意外に収入アップになることもあります。このようなものが新たに収入になったり、増えたりすると、資金繰りには嬉しいものです。

「雑」という言葉がつくものには、意外に見直すと新たな発見があるかもしれません。「雑収入」、「雑費」、「雑給」、「雑学、雑談、雑草」・・・雑は何か面白そうです。

(2017年7月1日 税理士法人日本経営 代表社員税理士 丹羽修二) 

 

本稿はご回答時点における一般的な内容を分かりやすく解説したものです。実際の税務・経営の判断は個別具体的に検討する必要がありますので、税理士など専門家にご相談の上ご判断ください。本稿をもとに意思決定され、直接又は間接に損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。

  • 事業形態 事業経営
    医療・介護
    オーナー・個人
  • 種別 トピックス

関連する事例

設立当初、安易に出資してもらったために、清算が困難に?

  • 事業経営

関連する事例一覧を見る

関連するお役立ち情報

税理士の経営・財産・相続トピックスVol.082「2020年 路線価が上昇した、本当か?」

  • 事業経営

関連するお役立ち情報一覧を見る