お役立ち情報

2021年度インド国家予算案の要点速報!日系企業が押さえるべきポイント

2021年2月1日に、インドの財務大臣であるNirmala Sitharaman(ニルマラ・シタラマン)氏によって、2021年度の国家予算案が発表されました。

参照:INDIA Budget Speech 2021

農業や中小企業に対する優遇はありましたが、例年のような経済成長の勢いに溢れたものとは少し異なり、コロナ禍で医療体制やワクチンの供給に関する内容が多く語られました。

その中でも、会計税務を中心に、日系企業に影響がありそうな要点を整理いたしました。ご参考にしていただければ幸いです。

1. 直接税(個人所得税、法人税)に大きな変更点なし

まず押さえていただきたいたいのは、今回の国家予算発表の中に、直接税の大きな改正が含まれていなかったという点です。これまで毎年のように改正されてきた税率や控除項目等が、2021年は改正されませんでした。

75歳以上の高齢者に対する申告業務の省略や、特定要件時の申告期限延長に関する優遇措置はありましたが、多くの日系企業には影響のない範囲と考えます。

一時的な対応と考えられていた下記のルールも、現状維持となりました。

a)2つの税率や控除のルールにより計算が必要となった個人所得税
b)2019年に発表された22%、もしくは15%の新法人税

2. 税務監査-TAX AUDITの売上基準引き上げ

税務監査が必要となる売上基準が、下表のように変更されました。皆様におかれましては、税務監査適用のご判断を再度行っていただければと思います。

補足になりますが、税務監査の基準は2020年度の国家予算時にも改正されており、2020年の売上基準が1,000万ルピーより5,000万ルピーへと変更になりました。ただし、95%の取引を現金以外で対応している場合に限ります。

従来基準変更後基準
年間売上5,000万ルピー1億ルピー

3. 外資規制の緩和-保険事業

毎年少しずつ緩和されているインドの外資規制ですが、2021年は次の事業の緩和が発表されました。

従来規制変更後規制
保険事業-外資出資制限49%74%

今後も新たな情報が発表されることが予想されますので、随時、重要なアップデート情報を発信して参ります。

インドの関連情報

【見逃し配信】2021/2/10~3/10】2021年インド新国家予算解説セミナー

2021/2/5開催の解説セミナーを動画配信しています。ご視聴後、アンケートに回答いただくと、解説資料をダウンロードしていただけます。

インド進出の基礎知識まとめ・進出ガイド編「インド会計税務ハンドブック2020」(無料ダウンロード)

インドへの進出をご検討されている皆様や、すでに進出をされている皆様のお手にとっていただきたい内容です。

レポートの執筆者

古東 翔二朗(ことう しょうじろう)
日本経営ウィル税理士法人
インド駐在チームリーダー

2013年、税理士法人日本経営(現 日本経営ウィル税理士法人)に入社。主に税務顧問・財務コンサルティング業務に従事し、2016年よりタイの提携事務所に2年間出向。日系企業の進出支援や記帳代行サービス、保険業務の日本人コーディネーター業務を行う。2018年11月よりインド(デリー/グルガオン)へ赴任。現在インドの提携事務所にデスクを置き、日系企業の対応を行っている。

本稿は掲載時点の情報に基づき、一般的なコメントを述べたものです。実際の経営の判断は個別具体的に検討する必要がありますので、専門家にご相談の上ご判断ください。本稿をもとに意思決定され、直接又は間接に損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。

  • 事業形態 事業経営
  • 種別 レポート

関連する事例

株式が個人株主に分散して困っている/税理士の相続・事業承継対策の提案vol.002

  • 事業経営
  • オーナー・個人

関連する事例一覧を見る

関連するお役立ち情報

税理士の経営・財産・相続トピックスVol.090「コミュニケーションコストが隠れている」

  • 事業経営

関連するお役立ち情報一覧を見る