お役立ち情報

税理士の経営・財産・相続トピックスVol.073「交際費の美学」

イニシャル「K」から始まる科目

酷暑が過ぎ去り秋も深まってまいりました。全国でラグビーワールドカップが盛り上がり、すがすがしいスポーツの秋です。

秋は実りの季節。旬の果物、野菜、肉、魚…お祭りの季節なのです。

さて、リーマンショックの時には「K」の科目が真っ先に削られました。交際費、広告費、研修費、研究費、寄付金…削りたいものは、なぜかイニシャル「K」から始まる。

一旦は激減した交際費。復活の兆しでしょうか。

 

経営者の視点から考える

ところで交際費の中には、顧客や取引先との会食や贈り物もあれば、社員との懇親(内容によります)、社外の慶弔、など様々です。

会食と言っても新地のクラブもあれば祇園もある。居酒屋もあれば焼鳥屋もある。金額が高いと問題で、安かったらいいのか?経営上はそうでもないですね。事業が成長発展している途上で、交際費を節約しすぎているのでは、心配になります。

では、経営上は多い方が良いのか。

当然のことながら、その内容次第です。限りなく個人に近いようなものばかりでは心配です。また、社内での交際費ばかりで、外部との戦略的な交際費が少ないのも心配です。

個々の支出の目的と成果はどうであるか、税務上の視点の前に経営の視点から交際費はどうあるべきか、この考え方は重要です。

 

「さすがこの経営者の交際費の使い方は感動する。年々に経営の意識レベルが高まっている」と見られるか、それとも「うーん、経営者の交際費の使い方ではないな」と見られるか。

交際費には、経営者の美学があります。

2019年10月1日
日本経営ウイル税理士法人
代表社員税理士 丹羽修二

 

本稿は掲載時点の情報に基づき、一般的なコメントを述べたものです。実際の税務・経営の判断は個別具体的に検討する必要がありますので、税理士など専門家にご相談の上ご判断ください。本稿をもとに意思決定され、直接又は間接に損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。

  • 事業形態 事業経営
  • 種別 トピックス

関連する事例

相続・事業承継スキーム「議決権信託により、株主50人以上でも議決権割合を獲得することができた」

  • 事業経営
  • オーナー・個人

関連する事例一覧を見る

関連するお役立ち情報

외국인 투자가·외국 기업을 위한 일본의 투자·사업진출 정보 Vol.2「진출 형태의 선택·주식회사의 기관설계」

  • 事業経営

関連するお役立ち情報一覧を見る