お役立ち情報

税理士の経営・財産・相続トピックス「怒りのツィート」

一言で大騒ぎになる市場、感情的で人間らしい動き

20代から30代前半はカナダ、アメリカで駐在し、北米・中国・等々、国際課税の畑で働いておりましたので、米国にも中国にも大変に親しみがあり、各国における税に関する記事が出るたびになぜか気になります。

トランプ大統領が「関税を上げるのだ」とツイッターで絶叫すると、途端に数百億ドル、数千億ドルという資金が市場をかき乱して大騒ぎです。

一言で市場が大騒ぎになるのですから、市場は進化したのか、退化したのか、感情的である意味人間らしい動きをしていて面白いものです。

世間では、市場が大喜びするようなツイートを期待しますからいい加減なものです。

 

国家間の経済的喧嘩の武器になっている関税

さて、大統領の雄叫びとは関係なく、国際課税にも変化があります。

国家間の経済的喧嘩の武器になっている関税は、物が動くことに課税されます。物が国境を渡る時の税金です。

歴史的にはおそらく何千年も前からでしょう、江戸時代の日本国内にも関所で扱われています。

 

どうにもならない外国の「税」を超越して元気に勝負している日本車

日本では欧州等からの自動車の輸入に関税をかけていません。

ベンツやアウディの関税はゼロです。ベンツやBMWなどの高級外車は関税ゼロで売れるのですね。

一方で、国によっては日本車の輸入には関税をかけていますので、かなり割高で販売されています。それでも日本車は全世界で売れるのです。

日本車は世界市場では不利な関税を課され、自国では他国車の関税をゼロに。

自動車市場では、日本人の生真面目な気質と機能や品質による圧倒的な競争力を感じます。

どうにもならない外国の「税」を超越して元気に勝負している日本車の姿は誇らしいものです。

 

GAFAが仕掛け、「物」への関税から、デジタル課税にグレードアップ

しかし、今は「物」ではなく「デジタル」が国境を越えて世界中を飛び回っています。

しかも複雑怪奇にGAFAが仕掛け、国家間の喧嘩の武器になっていた「物」への関税から、デジタル課税にグレードアップします。

これも超越してビジネスで勝たなければなりません、日本はデジタルでは蚊帳の外なので残念ですが。

BEPSプロジェクトが進み、国際課税が目に見えて強化されています。海外の資産をお持ちの方は海外の課税と、国内の課税にご用心!

 

2019年6月1日
日本経営ウイル税理士法人
代表社員税理士 丹羽修二

 

本稿は掲載時点の情報に基づき、一般的なコメントを述べたものです。実際の税務・経営の判断は個別具体的に検討する必要がありますので、税理士など専門家にご相談の上ご判断ください。本稿をもとに意思決定され、直接又は間接に損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。

  • 事業形態 事業経営
  • 種別 トピックス

関連する事例

設立当初、安易に出資してもらったために、清算が困難に?

  • 事業経営

関連する事例一覧を見る

関連するお役立ち情報

海外事業レポート「フィリピン コミュニティ隔離措置(Community Quarantine)」期間中の行政別の対応」

  • 事業経営

関連するお役立ち情報一覧を見る