承継・相続Q&A「相続税対策で、遺産分割に落とし穴」

Q:金融資産が4億しかないのに、妹に7億円もの支払いが必要なのか。

宮園源次郎(仮名)が経営する会社は、地域の中堅企業。

先代が創業して以来、年間利益 数千万円程度の会社だったが、源次郎が企画した新製品が当たって、今では毎年数10億円の利益を出している。

今後も急成長が見込めることから、源次郎は先代と共に、事業承継について顧問税理士に相談した。

顧問税理士からはいま先代の株式を源次郎へ贈与し「相続時精算課税制度」を使って申告すれば、1,500万円ほどの贈与税負担で済む。しかし、3年後になると、5,000万円以上の贈与税負担になるとの助言を受けた。

源次郎はすぐに、先代から会社の株式を贈与してもらうことにし、1,500万円前後の贈与税を支払うことにした

   ※

「相続時精算課税制度(相続税法21条の9)」とは、60歳以上の贈与者が、20歳以上の法定相続人に対して財産を贈与した場合、財産の価額から2,500万円を控除し、残額の20%相当の贈与税を負担する制度である。

源次郎の場合、受贈した株式の価額が1億円と計算されたので、その贈与税は、(1億円-2,500万円)×20%=1,500万円と計算される。

しかし、名前のとおり「相続時に精算課税される贈与税」なので、将来、相続が起きたときには、贈与財産を含めて相続税の計算が行われる。今回贈与した財産1億円を含めて、相続税を計算することになるのだ。

仮に納付すべき相続税が2,000万円と計算されたとすると、既に1,500万円の税金の前払いが行われているので、差引500万円を納める形になる。

特別受益の持ち戻し

10年後、親族に見守られながら先代は亡くなった。

懸案であった会社の株式はすでに源次郎に贈与が済んでおり、遺言書はとくに遺されていなかった

 

しばらくして、先代が遺した財産が一覧にされた。

金融資産が4億円、不動産が10億円(会社の工場の敷地)、合計14億円。いたってシンプルである。

母親はすでに他界していたので、相続人は源次郎と妹の花子の2人。

遺産分割協議が始まった。

 

源次郎の主張はこうだ。

「自分は会社を承継している。不動産10億円は会社の経営に不可欠だ。それは相続するので、妹の花子には、残りの金融資産4億円を相続させてはどうか。」

精一杯、妹に気を遣っての提案であった。

 

しかし、花子の主張は違っていた。

「不動産が会社の経営に不可欠であることは分かる。そうであれば、不動産を会社に買い取ってもらい現金にして、合計14億円を源次郎と花子で平等に相続すればいいのではないか。」

 

源次郎は飲みかけたお茶を噴き出した。そんな要求をされるとは、思ってもみなかった。

つい感情的な言葉を口にしてしまい、そのまま双方譲らず、遺産分割協議は決裂してしまった。

困った源次郎は、数年前に事業承継を経験した幼馴染に相談した。

そして、事業承継に詳しいということで、税理士の東を紹介されたのである。

 

一通り話を聞いた東は、頭を抱えてしまった。

源次郎を顔色を伺い、慎重に言葉を選びながら尋ねた。

「源次郎様、7億円で済むのでしたら、妹さんの言われるように、7億円ずつで相続された方がいいと思います」

 

税理士 東圭一のアドバイスは、こちら

 

※本稿は執筆時点における一般的な内容を分かりやすく解説したものです。実際の税務・経営の判断は個別具体的に検討する必要がありますので、税理士など専門家にご相談の上ご判断ください。本稿をもとに意思決定され、直接又は間接に損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。

 

最近のレポート

2019.07.11
診療所の経営・相続Q&A「シンプルに攻めたら応募が殺到した」
2019.07.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「人生100年の事実と真実」
2019.06.15
承継・相続Q&A「相続税対策で、遺産分割に落とし穴」
2019.06.11
診療所の経営・相続Q&A「ライフステージが変化するのは、経営者だけではない」
2019.06.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「怒りのツィート」
2019.05.14
承継・相続Q&A「資産家の母の老後資金が引き出せない」
2019.05.08
診療所の経営・相続Q&A「支払い方法の多様化。診療所においても柔軟な対応が求められている」
2019.05.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「令和の次を見る」
2019.04.13
承継・相続Q&A「娘名義の口座でも、妻の財産?」
2019.04.05
診療所の経営・相続Q&A「災害を想定し、事前に備えておくべきこと」
2019.04.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「物は資産、人は負債」
2019.03.07
診療所の経営・相続Q&A「扶養の範囲内で働きたいスタッフ」
2019.03.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「ゾンビでも生き返る」
2019.02.15
診療所の経営・相続Q&A「働き方改革への取り組み方は?」
2019.02.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「数字は世界共通言語」
2019.01.15
診療所の経営・相続Q&A「しりつぼみになる危機感」
2019.01.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「新しきものを迎える」
2018.12.28
診療所の経営・相続Q&A「事業継承の事前準備」
2018.12.27
医師の志を支え育てる専門医制度を/NKニュースレター vol.42
2018.12.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「才覚ではなく行動」
2018.11.13
診療所の経営・相続Q&A「事業継承における再優先の課題」
2018.11.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「毎年の中期計画」
2018.10.11
診療所の経営・相続Q&A「最適化と生産性」
2018.10.10
民間活力も導入し新たな都市づくりを/NKニュースレター vol.41
2018.10.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「正常先になりました」
2018.09.11
診療所の経営・相続Q&A「ライフプランと事業計画」
2018.09.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「内部留保を最大に」
2018.08.04
診療所の経営・相続Q&A「体験や感動を共有する」
2018.08.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「働き方改革」
2018.07.10
地域医療構想からみる介護医療院/NKニュースレター vol.40

GROUP

日本経営グループトップ

©日本経営ウイル税理士法人