承継・相続Q&A「娘名義の口座でも、妻の財産?」

Q:妻が毎年110万円の範囲内で、娘の口座に貯金。現在1,000万円になっているが、この扱いはどうなるか。

税理士の東圭一は、資産家である田中氏(仮名)から、長女の預金について困っていると相談を受けた。

長女がまだ小学生のころ、田中氏の妻(会社役員)は将来に備え、その娘の名義で預金口座を開設したという。当時は未成年ゆえ、通帳は預かったまま、毎年贈与税のかからない範囲(年間110万円以下)で自分の預金から地道に貯金(暦年贈与)を繰り返してきた。それから10年が経過し娘も20歳になったので、妻はそろそろ、印鑑と共に通帳を娘に渡したいと考えている。預金残高は1000万円になっていた。

預金贈与

最初にその話を聞いた田中氏は驚き、妻のやりくりを誇らしく思ったが、このまま預金を渡してしまってよいものか心配になった。20歳になったばかりの娘に、そのような大金は果たして必要なのか。この1000万円に贈与税がかかったりしないか

確かに口座の名義は娘の名義となっているが、娘本人はもちろん、父親である田中氏さえも、この預金の存在を知らなかったのだ。名義に関わらず、この場合法律上は妻の財産とされるのではないか。もちろん、贈与税がかからずに済むのであれば、それにこしたことはない。しかし、税金の扱いは、素人では考えも及ばないような落とし穴がある。

この1000万円がどのような扱いになるのか困った挙句、田中氏は東に相談を持ちかけたのだった。

 

税理士 東圭一のアドバイスは、こちら

 

※本稿は執筆時点における一般的な内容を分かりやすく解説したものです。実際の税務・経営の判断は個別具体的に検討する必要がありますので、税理士など専門家にご相談の上ご判断ください。本稿をもとに意思決定され、直接又は間接に損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。

 

最近のレポート

2019.05.14
承継・相続Q&A「資産家の母の老後資金が引き出せない」
2019.04.13
承継・相続Q&A「娘名義の口座でも、妻の財産?」
2019.02.15
診療所の経営・相続Q&A「働き方改革への取り組み方は?」
2019.02.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「数字は世界共通言語です」
2019.01.15
診療所の経営・相続Q&A「しりつぼみになる危機感」
2018.12.28
診療所の経営・相続Q&A「事業継承の事前準備」
2018.12.27
医師の志を支え育てる専門医制度を/NKニュースレター vol.42
2018.11.13
診療所の経営・相続Q&A「事業継承における再優先の課題」
2018.10.11
診療所の経営・相続Q&A「最適化と生産性」
2018.10.10
民間活力も導入し新たな都市づくりを/NKニュースレター vol.41
2018.09.21
税理士の経営・財産・相続トピックス「内部留保を最大に」
2018.09.11
診療所の経営・相続Q&A「ライフプランと事業計画」
2018.08.04
診療所の経営・相続Q&A「体験や感動を共有する」
2018.07.10
地域医療構想からみる介護医療院/NKニュースレター vol.40
2018.07.05
診療所の経営・相続Q&A「組織としての一体感」
2018.06.04
診療所の経営・相続Q&A「財産の整理と事業承継」
2018.05.24
医療費適正化・介護給付適正化計画/NKニュースレター vol.39
2018.05.10
診療所の経営・相続Q&A「環境変化への対応」
2018.04.10
診療所の経営・相続Q&A「勤務環境と労働生産性」
2018.03.13
新認定医療法人制度を読み解く/NKニュースレター vol.38
2018.03.10
診療所の経営・相続Q&A「権限委譲とリーダーシップ」
2018.02.10
診療所の経営・相続Q&A「親子間承継による事業承継」
2018.01.10
診療所の経営・相続Q&A「リスクと意思決定」
2017.12.10
診療所の経営・相続Q&A「貯金する余裕がない」
2017.11.20
診療所の経営・相続Q&A「事業拡大の決断」
2017.10.28
2018年度診療報酬改定の最新動向/NKニュースレター vol.37
2017.10.20
診療所の経営・相続Q&A「院内ミーティング」
2017.09.20
診療所の経営・相続Q&A「診療所の承継、M&A」
2017.08.20
診療所の経営・相続Q&A「金利と借り換え」
2017.07.20
診療所の経営・相続Q&A「医療機器への再投資」

GROUP

日本経営グループトップ

©日本経営ウイル税理士法人