32国外転出時課税対策

「国外転出時の課税に対して事前対策」をご支援するサービス

株主であるご家族の方が国外に居住される事情(海外赴任・留学)がある場合国外転出時課税の対象となるリスクがあります。

「国外転出時課税対策」についてのお悩み・ご相談事例

  • 当社の株主となっている息子が、海外子会社の代表に就任のため国外で居住する予定であるが、事前に対策しておく必要はないか。
  • 海外で結婚して居住している娘が、当社の株式を20%保有しており、今後娘に万が一の事があった場合の対策をしておきたい
  • 国外転出時課税は、みなしキャピタルゲイン課税との説明を受けたが納税を回避する手段はないか。

サービス概要

  • ご家族(オーナー企業の株主)に海外に転出される予定あられる場合、事前の株価の検証等の対策が必要です
  • 御社の株主となっているご子息が海外で居住をする予定であるが、当社の持株の評価額が高額であるため多額の所得税を納めなければならないと言われた。
  • 御社の現状の株価算定を行い、海外に転出予定(若しくはすでに転出済み)のご家族の国外転出時課税について想定外の税務リスクを回避するための助言や対策案の実行のご支援をさせて頂くことが可能です。

ご提案するソリューションのスケジュール・事例

テーマ内容
状況把握★★★★
提案★★★★
実行支援★★★★

一般的な人員体制例

 お客様のメンバー 会社オーナー様 後継者様等    
 弊社のメンバー 対応可能な税理士 4名 

こちらの記事に関するご相談・お問い合わせ

受付時間9:30〜17:30(土・日・祝日除く)

お問い合わせフォーム

関連する事例

資産家なのに、認知症では預金を引き出せないのか?

  • オーナー・個人

関連する事例一覧を見る

関連するお役立ち情報

税務レポート「新型コロナウイルス感染症の影響についての、税制上の措置」その2

  • 事業経営
  • オーナー・個人

関連するお役立ち情報一覧を見る

関連するサービス