診療所の経営・相続Q&A「院内ミーティング」

0001Q:自分の仕事しかしないスタッフもいれば、自分ですべて抱え込んでしまうスタッフもいて、困っています。どのようにチーム作りをしたらよいでしょうか。


 

A:開業した先生方が一番悩まれることは、人に関することではないでしょうか。スタッフの処遇について悩まれることもあれば、スタッフの働き方に対して悩まれることもあります。スタッフ同士反りが合わないこともあれば、片腕のようなスタッフが退職していくこともあります。そういった悩みを根本的に解決するために、いかにチームをつくるか、ということに心を砕かれている先生方も多いと思います。

 

院内ミーティングが、モチベーションアップの場に

チームがうまくいっているクリニックで、院内ミーティングに参加をさせていただくと、私も大変な気づき、学びをいただきます。多くの場合、話し合うテーマやそこで導き出される業務改善も重視されていますが、それ以前に、スタッフのモチベーションアップの場になっているように思います。

モチベーションアップとは、例えば次のようなことです。

①先生の想いを伝える
医療に対する思い、スタッフへの期待と感謝など、日頃の診察の中では伝えられない思いを、直接スタッフに伝えます。「思いを共有したい」という先生の気持ちが、スタッフにとっては重要なメッセージになります。

②スタッフが発言をする
日頃の業務については、スタッフ一人一人に発言してもらうことで、意見を言える場になります。「こうしてほしい」というスタッフの要望を聞く場ではなく、「こうしていきたい」という改善提案を出す場にしていくことがポイントです。

③一緒にお昼・お菓子を食べながら
ランチミーティングやカフェミーティングなど、メンバーと楽しい場を共有することも、チームとしての一体感、チームへの好感を生み出すためには重要です。

④役割を決めて積み重ねる
クリニックの場合、少ないメンバーで一人ひとりが重要なキャストです。ミーティングで出た意見は、実際にできることから一人ひとり役割を持ってもらい、小さな実践体験、小さな成功体験を積み重ねていくことです。小さなことでも続けていくことで、やがて一人ひとりにエンジンがかかっていくはずです。

 

プラスの雰囲気・風土が育まれれば、前向きに解決ができる

診療所に限らず、どのような職場でも、上司と部下、雇い主と職員では、お互いに本当に言いたいことは、なかなか言えるものではありません。しかし、口にはしなくても気持ちは伝わっている。院内ミーティングを地道に積み重ねる中で、そんなチームに少しずつ、確実に近づいていくのではないかと思うのです。

それぞれの職場・チームには、明らかに独特な、それぞれの雰囲気・風土があるものです。外から見れば明らかなのですが、中にいると、なかなか分かりません。そして、プラスの雰囲気・風土が育まれれば、仮に問題が起きたとしても前向きに解決ができ、また、その雰囲気・風土は、患者様へのサービスの品質にも直接繋がるのだと思います。

(2017年10月20日 医療事業部 主任 近藤みさき) 

 

執筆者へのお問い合わせはこちらから 

 

本稿はご回答時点における一般的な内容を分かりやすく解説したものです。実際の税務・経営の判断は個別具体的に検討する必要がありますので、税理士など専門家にご相談の上ご判断ください。本稿をもとに意思決定され、直接又は間接に損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。

最近のレポート

2019.09.10
診療所の経営・相続Q&A「価格表示の方式」
2019.09.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「10%でも足りません」
2019.08.13
診療所の経営・相続Q&A「いい人材を確保する」
2019.08.13
消費税Q&A「軽減税率制度にどう対応が必要なのか」
2019.08.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「相続、争続、創続」
2019.07.20
承継・相続Q&A「父親の出資金を会社が買い取る」
2019.07.11
診療所の経営・相続Q&A「応募が殺到したスタッフ採用」
2019.07.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「人生100年の事実と真実」
2019.06.15
承継・相続Q&A「相続税対策で、遺産分割に落とし穴」
2019.06.11
診療所の経営・相続Q&A「人件費の意味とスタッフの役割」
2019.06.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「怒りのツィート」
2019.05.14
承継・相続Q&A「資産家の母の老後資金が引き出せない」
2019.05.08
診療所の経営・相続Q&A「キャッシュレスへの対応」
2019.05.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「令和の次を見る」
2019.04.13
承継・相続Q&A「娘名義の口座でも、妻の財産?」
2019.04.05
診療所の経営・相続Q&A「災害への備え」
2019.04.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「物は資産、人は負債」
2019.03.07
診療所の経営・相続Q&A「扶養の範囲内で働く」
2019.03.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「ゾンビでも生き返る」
2019.02.15
診療所の経営・相続Q&A「働き方改革への取り組み方は?」
2019.02.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「数字は世界共通言語」
2019.01.15
診療所の経営・相続Q&A「しりつぼみになる危機感」
2019.01.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「新しきものを迎える」
2018.12.28
診療所の経営・相続Q&A「事業継承の事前準備」
2018.12.27
医師の志を支え育てる専門医制度を/NKニュースレター vol.42
2018.12.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「才覚ではなく行動」
2018.11.13
診療所の経営・相続Q&A「事業継承における再優先の課題」
2018.11.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「毎年の中期計画」
2018.10.11
診療所の経営・相続Q&A「最適化と生産性」
2018.10.10
民間活力も導入し新たな都市づくりを/NKニュースレター vol.41

GROUP

日本経営グループトップ

©日本経営ウイル税理士法人