病院経営・財務Q&A「介護医療院の創設と介護療養病床」

0001Q:「介護医療院」の創設によって、介護療養病床からの病床転換が相当進むという話を聞きましたが、どのような点に留意が必要か、ポイントを教えてください。


 

A:平成30年3月に廃止予定となっていた介護療養病床について、新たに介護医療院を創設し、6年間の経過措置後に介護療養病床を廃止する見込みとなりました。介護療養病床は、平成18年の診療報酬・介護報酬同時改定の際に、平成24年3月に廃止されることとなりました。しかし、大幅な転換には至りませんでした。今回も6年間の経過措置が設けられましたが、平成24年とは状況が異なっており、転換が徐々に促進されると考えられます。

 

介護療養病床の病床転換

今回の経過措置のポイントは2点あります。

1点目は、介護医療院が設けられ、さらにその中で複数の類型が設けられる予定であることです。現在の介護療養病床の患者層に合わせた転換先を、選択出来るようになる予定です。さらに、医療外付け型を医療機関に併設することが可能となり、在宅医療・在宅介護を受けながら病院に居続けることも可能となります。平成24年の時よりも選択肢を多く準備しており、より病床転換が進むと見込まれます。

2点目は、在宅医療・在宅介護が以前に比べると充実していることです。在宅医療・在宅介護を受けることで、介護療養病床ではなく、他の介護施設又は高齢者住宅等で生活できる可能性があります。介護療養病床の廃止に伴い、在宅医療・在宅介護サービスを複合的に組み合わせたサービスへの移行が促進される可能性があり、病床転換が進むと見込まれます。

介護療養病床の転換に向けては、具体的な制度内容はこれから決まっていきますが、介護医療院への転換だけでなく、医療療養病棟への転換も検討できるため、今後方向性を決めていく必要があります。

 

医療療養病床25対1の病床転換

一方、医療療養病床25対1の人員配置標準の経過措置が、平成29年度末で終了します。この医療療養病床25対1でも、平成28年度の診療報酬改定にて医療区分割合の基準が設けられ、平成30年以降は医療療養病床20対1又は介護医療院への転換が促される可能性が高いでしょう。また、平成30年の診療報酬改定では医療区分の評価基準がマイナーチェンジになる可能性が高く、対象となる患者の集客能力や診療体制の構築が必要です。長年、患者構成に変化がなかった医療療養病床では、職員が変化に対応出来ない可能性もあり、院内での体制整備を進めておく必要があると思われます。

 

地域包括ケア病床(病棟)の導入

上位基準として、地域包括ケア病床(病棟)の導入に向けた動きも活発化しています。主なポイントとしては、看護基準、看護必要度、リハビリテーション、在宅復帰、在宅医療の実施が挙げられます。
多くの療養病床では重症患者を受け入れするため又は夜勤従事者の負担軽減のために、基準よりも多めの職員配置になっていることが多いと思います。また、リハビリテーションに力を入れている療養病床も多くなってきており、実績を満たしていく仕組みを整えると、地域包括ケア病床(病棟)の要件を満たす可能性もあります。

 

平成30年の診療報酬・介護報酬同時改定まであと半年程度となっていますが、療養病床を新類型へ転換していくのか、地域包括ケア病床(病棟)のような上位基準へ移行していくのか、あらゆる選択肢を検討し、次回の改定に向けて準備を進めていくことが重要だと考えられます。

 

(2017年8月5日 病院財務 課長代理 辻秀也) 

 

執筆者へのお問い合わせはこちらから 

 

本稿はご回答時点における一般的な内容を分かりやすく解説したものです。実際の税務・経営の判断は個別具体的に検討する必要がありますので、税理士など専門家にご相談の上ご判断ください。本稿をもとに意思決定され、直接又は間接に損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。

バックナンバー

2019.09.10
診療所の経営・相続Q&A「価格表示の方式」
2019.09.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「10%でも足りません」
2019.08.13
診療所の経営・相続Q&A「いい人材を確保する」
2019.08.13
消費税Q&A「軽減税率制度にどう対応が必要なのか」
2019.08.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「相続、争続、創続」
2019.07.20
承継・相続Q&A「父親の出資金を会社が買い取る」
2019.07.11
診療所の経営・相続Q&A「応募が殺到したスタッフ採用」
2019.07.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「人生100年の事実と真実」
2019.06.15
承継・相続Q&A「相続税対策で、遺産分割に落とし穴」
2019.06.11
診療所の経営・相続Q&A「人件費の意味とスタッフの役割」
2019.06.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「怒りのツィート」
2019.05.14
承継・相続Q&A「資産家の母の老後資金が引き出せない」
2019.05.08
診療所の経営・相続Q&A「キャッシュレスへの対応」
2019.05.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「令和の次を見る」
2019.04.13
承継・相続Q&A「娘名義の口座でも、妻の財産?」
2019.04.05
診療所の経営・相続Q&A「災害への備え」
2019.04.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「物は資産、人は負債」
2019.03.07
診療所の経営・相続Q&A「扶養の範囲内で働く」
2019.03.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「ゾンビでも生き返る」
2019.02.15
診療所の経営・相続Q&A「働き方改革への取り組み方は?」
2019.02.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「数字は世界共通言語」
2019.01.15
診療所の経営・相続Q&A「しりつぼみになる危機感」
2019.01.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「新しきものを迎える」
2018.12.28
診療所の経営・相続Q&A「事業継承の事前準備」
2018.12.27
医師の志を支え育てる専門医制度を/NKニュースレター vol.42
2018.12.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「才覚ではなく行動」
2018.11.13
診療所の経営・相続Q&A「事業継承における再優先の課題」
2018.11.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「毎年の中期計画」
2018.10.11
診療所の経営・相続Q&A「最適化と生産性」
2018.10.10
民間活力も導入し新たな都市づくりを/NKニュースレター vol.41

GROUP

日本経営グループトップ

©日本経営ウイル税理士法人