国外財産調書、財産総額は/税務・承継・経営トピックス VOL.02

国外財産調書制度が創設されました。国内・国外とも、毎年の財産の棚卸をお忘れなく。

平成24年度の税制改正で、

12月31日時点で国外に保有する財産額が5,000万円を超える場合には、

国外財産調書を提出しなければならないこととされました。

 

初めての適用となる今年の統計データが国税庁から発表されたのですが、

提出は5,539件、提出された財産額の合計は約2.5兆円に上っています。

 

財産の種類別に見ると、有価証券が全体の62%を占めており、

続いて預貯金、不動産と続きます。

海外における株式、証券、ファンドのような資産の保有が、

国外における資産形成の主流のようです。

 

1ドル80円台の円安のときに

海外資産を購入された方々も多いかもしれません。

国外財産総額が5,000万円を超えるか否かは、

円による時価総額ですので、

為替が円安で、あるいは相場により時価額が上昇すれば、

同じ資産であっても前年は超えていなくても

今年は超える事もあります。

 

毎年、提出期限は翌年の3月15日。

来年平成27年以降の未提出者には罰則規定も設けられています。

 

国税当局も海外資産に関しては大変敏感になってきています。

身近に海外投資できるようになってきたら、

国税も身近に(?)なっています。

 

来年からは、相続税の増税改正も適用されますので、

今後いっそうの資産管理が重要です。

国内・国外とも、毎年の財産の棚卸をお忘れなく!

 

(2014年9月1日 日本経営ウイル税理士法人 代表社員税理士 丹羽修二) 

 

本稿は一般的な内容を分かりやすく解説したものです。実際の税務・経営の判断は個別具体的に検討する必要がありますので、税理士など専門家にご相談の上ご判断ください。本稿をもとに意思決定され、直接又は間接に損害を蒙られたとしても、一切の責任は負いかねます。

バックナンバー

2018.05.24
医療費適正化・介護給付適正化計画/NKニュースレター vol.39
2018.05.10
診療所の経営・相続Q&A「環境変化への対応」
2018.04.10
診療所の経営・相続Q&A「勤務環境と労働生産性」
2018.03.13
新認定医療法人制度を読み解く/NKニュースレター vol.38
2018.03.10
診療所の経営・相続Q&A「権限委譲とリーダーシップ」
2018.02.10
診療所の経営・相続Q&A「親子間承継による事業承継」
2018.01.10
診療所の経営・相続Q&A「リスクと意思決定」
2017.12.10
診療所の経営・相続Q&A「貯金する余裕がない」
2017.11.20
診療所の経営・相続Q&A「事業拡大の決断」
2017.10.28
2018年度診療報酬改定の最新動向/NKニュースレター vol.37
2017.10.20
診療所の経営・相続Q&A「院内ミーティング」
2017.09.20
診療所の経営・相続Q&A「診療所の承継、M&A」
2017.08.20
診療所の経営・相続Q&A「金利と借り換え」
2017.08.10
開業医の税金Q&A「退職金に対する課税」
2017.08.05
病院経営・財務Q&A「介護医療院の創設と介護療養病床」
2017.08.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「広告は何処に?」
2017.07.20
診療所の経営・相続Q&A「医療機器への再投資」
2017.07.15
骨太の方針2017 を読み解く!/NKニュースレター vol.36
2017.07.10
開業医の税金Q&A「資格取得のための学資金」
2017.07.05
病院経営・財務Q&A「医療法人会計基準による影響」
2017.07.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「雑収入は雑?」
2017.06.20
診療所の経営・相続Q&A「スタッフの定着」
2017.06.10
医師・開業医の税金Q&A「医業に係る必要経費」
2017.06.05
病院経営・財務Q&A「地域医療連携推進法人の設立」
2017.06.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「何を託す」
2017.05.15
始動する地域医療連携推進法人/NKニュースレター vol.35
2017.05.10
医師・開業医の税金Q&A「海外渡航費」
2017.05.05
病院経営・財務Q&A「第7次医療法改正の影響」
2017.05.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「のれんはどこに?」
2017.04.01
税理士の経営・財産・相続トピックス「フレッシュマン」

GROUP

日本経営グループトップ

©日本経営ウイル税理士法人